DMMもオンライン診療に参戦! その特徴を調べてみよう!!

DMMもオンライン診療に参戦! 珍しい診察メニューを見てみよう!! お金

こんにちは、オンライン診療くんです。
今回はDMMのオンライン診療について解説します。
DMMといえば、ローラを使ってBitcoinのCMをしていたり、馬主になれるバヌーシというサービスをやっていたり、FANZAっていうエロビデオの事業をしている会社ですね。
そのITの総合商社とも言えるDMMがオンライン診療に参戦ということでこれはチェックするしかありません。
この新サービスを知りたい人はぜひ見てください。

DMMがオンライン診療参戦!

まずはこちらの画像をご覧ください!

DMM .comトップ画像
出典:DMM https://www.dmm.com/

DMM.comのトップ画像です。
ど真ん中のファーストビューに「スキマ時間に医師の診察」DMM clinicという画像が来ていますね。
DMMが初めた新サービスということでかなり大々的にアピールされています。
また、左のメニューバーにも「DMM CLINIC」の表示があり、「NEW」というロゴも付いています。
このことからDMMが新しくジャンルを設けた新しいサービスということがわかります。

おそらく、今まではDMMがヘルスケア・医療のサービスをしていたことはないのではないでしょうか。
新しいジャンルに参戦したチャレンジングな事業といえそうです。

PRタイムスにも取り上げられているよ

こちらは自社ホームページだけでなくPRタイムスにも取り上げられています。

PRタイムス記事
出典:PRタイムス https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003862.000002581.html

こちらによると、「新六本木クリニック」というところと組んでオンライン診療をやるようです。
こちらのクリニック公式ホームページが探せませんでした。
ググってみると出てくるのはこちら。

https://clinics.medley.life/clinics/56b46af750ed4d3b60987646
https://www.medley.jp/release/clinics-web.html

両方ともメドレーのホームページです。
同じくオンライン診療のサービスを提供している会社ですね。

DMMとメドレーの協業?

ホームページが全てメドレーのものとはどういうことでしょうか。

まず考えられるのが新六本木クリニックがメドレーからDMMに浮気をしたということでしょうか?
オンライン診療の利用者は大きく増えているとは言えないので、痺れを切らしてより大きなDMMに浮気をしたということが考えられます。

それとも二股でしょうか??
メドレー、DMMの両方を自分に都合の良いように使おうと思っているのでしょうか。
ちなみに、浮気か二股ならば二股の方がいいと思います。
例えば飲食店ならば、食べログ、ホットペッパー、ぐるなびの3股かけるの当たり前じゃないですか。
旅行ならば、じゃらん、楽天トラベル、一休とかね。
オンライン診療をやるクリニックもそのような形で、1クリニック複数サービスを使っていくのが市場としてはあるべき形なのかなと思います。

しかし、どちらでもないようです。
予約してみようとDMM CLINICのページを進めるとなんとメドレーのページに飛ばされました。
このことから考えるにDMMとメドレーは協業しているのではないでしょうか。
お互いに協力しあってオンライン診療を盛り上げようとしているようです。

DMMの診察メニューはすごいぞ!

より詳しく調べてみると驚くことがいっぱいです。
まず何がすごいって考えるとその診察メニューの多彩さだと思います。
こちらを見てください。

DMM CLINIC 診察メニュー
出典:DMM clinic https://clinic.dmm.com/

なんと12メニューもあります。
私が、このブログで取り上げたオンライン診療で行われていたのが大体3つでした。

  • AGA
  • ED
  • ピル

です。
その4倍!
いや、AGAを男性、女性で分けていたり、ピルがなかったりするので一概にはいませんが、めちゃくちゃオンライン診療の可能性を広げているではないですか!

これは要チェックです!
どんなことをやっているのか興味津々です!
メディカルダイエット、メディカルアイラッシュなどオンライン診療では名前を聞いたことがないようなものはいったいどのようなことをしているのでしょうか。

DMM CLINICの診察メニューについて徹底調査はこちらのブログを見てください。

薬の配送無料もすごい

出典:DMM CLINIC https://clinic.dmm.com/

なんと薬の配送も無料とのこと。
診察代だけで薬がもらえるのはお財布にも優しいですね。

ただここはちょっとだけ注意が必要です。
送料無料はあくまで診察を受けた時のみです。
主に初回になると考えられます。
その際は診察料として1,000円かかるようです。
そして2回目以降薬の追加配送を受ける場合は500円がかかるとのこと。
ここから考えると配送料無料はほとんど初回だけになるのではないでしょうか。

それを抜いたとしてもかなり安価に受けられることには間違いなさそうです。

ということで、DMM CLINICの紹介をしました。
多彩なオンライン診療のメニューと送料無料という使いやすさが目立ちます。
また、おそらくですが、患者サイドはDMMという多彩なサービスをやっておりマーケティングに強みを持つDMMが行い、医師サイドは日本最大級のオンライン診療プラットフォームを持つメドレーが行うということでオンライン診療の普及を推し進める協力タックになるのではないでしょうか。

今後に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました