AGAオンライン診療の基礎知識とおすすめクリニックの紹介まとめ

AGA
  • 「風呂でシャンプーをしたときに抜け毛が増えてきた」
  • 「昔より髪に元気がなくなり歳を取っているように見える」
  • 「自分の写真を見たら想像以上に頭皮が見えていた」

このような薄毛が気になる経験をしたことはありませんか?
それはAGAかもしれません。

AGAの治療は一般的になりつつあり、最近ではオンライン診療を取り入れるクリニックも増加しています。
オンライン診療を活用したAGA治療の利点や、この分野で評判の良いクリニックを詳しくまとめてみました。
薄毛に悩む人が解決するお手伝いになれば嬉しいです。

〜〜この記事のポイント〜〜
✓ AGAになる理由や原因がわかる
✓ AGAの治療法がわかる
✓ オンライン診療でAGAを治療するメリットがわかる

✓ オンライン診療でAGA治療ができるクリニックがわかる
  1. AGAはどんな症状? 原因やAGAになる理由を解説
    1. AGAって何?
    2. あなたも当てはまる? AGAの症状は
      1. 生え際の後退
      2. 頭頂部の薄毛
      3. 髪の細くなり、柔らかくなる
      4. 全体的な髪のボリュームの減少
      5. 抜け毛の増加
    3. AGAが起こるのはなぜ? その原因は? 医学的に何が起こっている? 
      1. ホルモンの影響
      2. 遺伝的要素:
    4. AGAになってしまったのはどうして? その理由は? 生活習慣が影響している? 
      1. ストレス
      2. 不適切な食生活
      3. 睡眠不足
      4. 喫煙
      5. 過度のアルコール摂取
    5. AGAかもと思ったらどうすればいい?
  2. AGAの治療法は? どんなものがある?
    1. AGAの治療方法は飲み薬(内服薬)と塗り薬(外用薬)が学会推奨
    2. 主に使われるフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル
      1. フィナステリドはAGA原因物質のDHTが作られるのを防ぐ
      2. デュタステリドはフィナステリドの強化版
      3. ミノキシジルは毛根に必要な栄養を送る薬
  3. オンライン診療を使ったAGAクリニックのメリット
    1. オンライン診療とは自宅で医師の診察と薬の処方ができること
    2. AGAオンライン治療診療のメリットは「安さ」「手軽さ」「継続のしやすさ」
      1. 費用の安さ
      2. どこからでも受診できるアクセスの良さ
      3. 移動時間や交通費の節約
      4. プライバシーの確保、クリニックに通うのが恥ずかしくない
      5. 継続的なフォローアップのしやすさ
    3. AGAオンライン治療のデメリットはネットが苦手だとできない
      1. 直接的な頭皮の検査はできない
      2. 薬の処方以外の治療はできない
      3. コミュニケーションが取りにくい場合もある
  4. AGAを治療するクリニックの選び方
    1. 治療の継続のしやすさが最優先
    2. 精密な検査は必要に応じて使うようにする
    3. 薬が正規品であることや厚生労働省認可は気にしたほうがいい?
  5. 【安い、手軽】AGA治療がオンライン診療でできるおすすめクリニック
    1. 「東京オンラインクリニック」は業界最安値といえるクリニック
    2. elifeクリニック(イーライフ)は返金保証あり
    3. クリニックフォア(CLINIC FOR・クリフォア)は信頼の実績200万件以上
    4. DMMオンラインクリニックは大手IT企業のDMMが運営
  6. まとめ|AGAの治療は毛根が死ぬ前にやるべき

AGAはどんな症状? 原因やAGAになる理由を解説

AGA男性

AGAって何?

AGAとは「男性型脱毛症」とも呼ばれ、主に男性に多く見られる脱毛症の一種です。
特に頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなることが特徴的で、遺伝的要因やホルモンバランスの影響が大きいとされています。

日本におけるAGA(男性型脱毛症)の患者数は、1200万人ほどとされています。男性の5人に1人の割合でAGAを発症しており、薄毛や抜け毛の悩みを持つ男性の約90%がAGAであると推定されています。

参考:日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

あなたも当てはまる? AGAの症状は

AGAの主な症状としては、頭髪の薄毛や抜け毛が挙げられます。
初期段階では髪の分け目が広がる、頭頂部の髪が薄くなるなどの変化が見られることが多いです。
進行すると、前頭部の生え際が後退していくこともあります。

具体的に下記の症状が表れます。

生え際の後退

AGAの初期症状の一つとして、前頭部の生え際が後退することがあります。
いわゆる「M字型脱毛」とも呼ばれ、額の両サイドが後退し、中央部分が残る形状になります。

頭頂部の薄毛

頭のてっぺんの髪が薄くなるのもAGAの典型的な症状です。
髪の密度が減り、頭皮が見えやすくなります。

髪の細くなり、柔らかくなる

AGAによる脱毛では、髪の毛自体が細く、柔らかくなります。

全体的な髪のボリュームの減少

AGAの進行に伴い、頭髪全体のボリュームが減少することがあります。これは、特定の部分だけでなく、頭全体の髪の毛に影響を及ぼす場合があります。

抜け毛の増加

頭を洗った際や櫛を通した際に、普段よりも多くの髪の毛が抜けるようになります。

これらに当てはまる人はすでにAGAになっているか、AGA予備軍といえます。

AGAが起こるのはなぜ? その原因は? 医学的に何が起こっている? 

AGAの主な原因は、男性ホルモンと遺伝的要素にあります。
特に、テストステロンというホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わることで、毛根が縮小し、薄毛や脱毛へと進行します。
また、家族にAGAの人がいる場合、遺伝的に発症しやすいとされています。

ホルモンの影響

男性ホルモン(テストステロン)
AGAの最大の原因は男性ホルモンの影響です。
テストステロンが5αリダクターゼという酵素の作用によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されると、毛根が縮小し、髪の成長が阻害されます。

DHTの影響

DHTは毛乳頭細胞に作用し、毛周期を乱します。これにより、髪の毛が細くなり、成長期が短くなり、最終的には毛が生えにくい状態になります。

遺伝的要素:

AGAは遺伝的な要素が強く影響します。
家族内にAGAの症状を持つ人がいる場合、同様の症状を発症する可能性が高くなります。

AGAになってしまったのはどうして? その理由は? 生活習慣が影響している? 

生活習慣はAGAのリスクを高めたり、既存のAGAの症状を悪化させたりする可能性があります。
具体的に下記の習慣がある人は要注意です。

ストレス

過度のストレスはホルモンバランスを乱し、脱毛の原因となることがあります。
また、ストレスによる自律神経の乱れも毛髪の成長に影響を及ぼすことがあります。

不適切な食生活

栄養バランスが偏った食生活は、毛髪の健康を損なうことがあります。
特に、ビタミンやミネラルの不足は毛髪の成長に不利な影響を与えます。

睡眠不足

睡眠不足は体内のホルモンバランスに悪影響を及ぼし、これが脱毛を促進することがあります。

喫煙

喫煙は血行を悪化させ、毛根に必要な栄養素や酸素が十分に行き渡らなくなる可能性があります。
これが髪の健康を害することがあります。

過度のアルコール摂取

アルコールの過度な摂取も、体内のホルモンバランスや栄養吸収に影響を及ぼし、毛髪の健康に悪影響を与えることがあります。

思い当たる人はAGAを発症したり、悪化させる可能性があります。

AGAかもと思ったらどうすればいい?

専門のクリニックにまずは相談してみるのが一番です。
AGAの治療が遅れ、毛根が死滅するとどんなに治療しても髪を生やすのは難しくなります。
そのために、早期発見・早期治療が重要だからです。
自己判断せず、専門のクリニックで適切な診断を受けることをおすすめします。

AGAの治療法は? どんなものがある?

AGA治療法

AGAの治療には、薬物療法や育毛剤の使用が一般的です。

AGAの治療方法は飲み薬(内服薬)と塗り薬(外用薬)が学会推奨

AGAの主な治療方法として、飲み薬(内服薬)と塗り薬(外用薬)があります。
これはAGA治療に置いて最も推奨されている治療法です。

こちらの画像をご覧ください。

参考:日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

これは日本皮膚科学会が出しているAGAの治療法と推奨度です。
フィナステリドの内服、デュタステリドの内服、ミノキシジルの外用が推奨度Aです。

推奨度Aとは学会の定義で、

 A.行うよう強く勧める
 (少なくとも1つの有効性を示すレベルIもしくは良質のレベル II のエビデンスがあること)

日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

とされています。

その他にも、レーザー治療や植毛、かつらの着用などがありますが、どれも推奨度が下がります。

主に使われるフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル

AGA治療においてよく用いられる薬には、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルです。
これらはそれぞれ異なる効果を持ち、AGAの原因を解消します。

フィナステリドはAGA原因物質のDHTが作られるのを防ぐ

  1. 作用機序:
    • フィナステリドは、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを防ぐ効果があります。
      DHTはAGAの進行に関与しているため、この変換を防ぐことで脱毛の進行を遅らせる効果があります。
  2. 効果:
    • 髪の成長期を延長し、脱毛の進行を遅らせたり、一部の患者においては毛髪の再生を促進する効果が見られます。
  3. 服用方法:
    • 通常、錠剤の形で毎日一定の量を服用します。
      効果を実感するまでには数ヶ月かかることが多いです。
  4. 副作用:
    • 性欲減退、勃起不全、精子減少などの性機能に関わる副作用が報告されていますが、これらの副作用は服用を中止すれば回復することが多いです。
  5. 注意点:
    • 女性(特に妊娠中の女性)や小児は使用しないことが推奨されています。

デュタステリドはフィナステリドの強化版

  1. 作用機序:
    • デュタステリドは、5αリダクターゼという酵素を阻害することで、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制します。
  2. フィナステリドとの違い:
    • デュタステリドは、フィナステリドの強化版です。
      高い効果が期待できますが、副作用の可能性も強いと言われています。
      通常フィナステリドで効果がなかった人が使います。
  3. 効果:
    • AGAの進行を遅らせ、一部の患者では毛髪の再生を促進する効果が見られます。
  4. 副作用:
    • フィナステリドと同様に、性機能に関わる副作用(性欲減退、勃起不全など)が報告されています。
  5. 使用上の注意:
    • 女性(特に妊娠中の女性)や小児は使用しないことが推奨されています。

ミノキシジルは毛根に必要な栄養を送る薬

  1. 作用機序:
    • ミノキシジルは直接的に毛母細胞を刺激し、毛の成長期を延長させます。また、血管を拡張することで頭皮の血流を改善し、毛髪の成長に必要な栄養と酸素の供給を促進します。
  2. 形態:
    • 主に外用液(塗布タイプ)として使用されますが、一部の国では内服薬としても処方されます。
  3. 効果:
    • AGAによる薄毛や脱毛の進行を遅らせ、毛髪の再生や育毛を促進する効果が期待されます。
  4. 副作用:
    • 頭皮のかゆみや発赤、アレルギー反応などの外用時の副作用が報告されています。
      また、内服薬として用いた場合、低血圧や心拍数の増加などの副作用があります。
  5. 使用上の注意:
    • 効果を実感するまでには数ヶ月かかる場合が多く、持続的な使用が推奨されます

医師の診断の元、これらの薬を組み合わせて最適な発毛環境を作ります。

オンライン診療を使ったAGAクリニックのメリット

オンライン診療 AGA メリット

オンライン診療とは自宅で医師の診察と薬の処方ができること

オンライン診療は、スマホやパソコンを使って、病院やクリニックに行かなくても医師の診察が受けられるシステムです。

最近活用が多くなっている理由として、自宅やオフィスなどから気軽に医師の診察を受けることができることや、移動時間や待ち時間を節約できることがあげられます。

AGAオンライン治療診療のメリットは「安さ」「手軽さ」「継続のしやすさ」

AGAの治療をオンラインで行うクリニックは増えています。
治療を受ける側にはこのようなメリットがあります。

費用の安さ

オンライン診療でもAGA治療は対面と比べて安い傾向があります。
クリニック側が設備投資を安くできたり、全国の患者を見られるので患者数が多く、薬も多く仕入れていることなどが価格に還元されています。

どこからでも受診できるアクセスの良さ

自宅やオフィスなど好きな場所で診察を受けることができます。
また、遠隔地など近くにAGAを治療できる場所がない人もオンライン診療なら治療ができます。

移動時間や交通費の節約

クリニックまでの移動時間や、診察の待ち時間が不要なため、時間を有効に使えます。

プライバシーの確保、クリニックに通うのが恥ずかしくない

薄毛の治療をするのが恥ずかしかったり、クリニックに入るところを誰かに見られたくないという人が多いです。
オンライン診療なら自宅などプライベートな空間での診療が可能で、周囲の目を気にせず治療を受けられます。
治療薬もAGAの薬とわからないように配送されてきたり、コンビニで受け取れたりプライバシーに配慮されています。

継続的なフォローアップのしやすさ

気になることや、疑問が出てきたときにLINEなどでいつでも相談を受けられるようにしているクリニックが多く、安心して治療ができます。
AGAは長く治療を続けなくては効果が出ないので、結果として治療効果が高いことが期待されます。

AGAオンライン治療のデメリットはネットが苦手だとできない

反対にデメリットはこのようなことがあります。

直接的な頭皮の検査はできない

オンライン診療では、医師が直接頭皮を調べることができません。
触って頭皮の硬さを見たり、マイクロスコープで毛穴のつまり具合を調べるなどはできません。

薬の処方以外の治療はできない

薬を飲んだり塗ったりするのが最も一般的な治療ですが、中には別の治療法を希望する場合もあるかもしれません。
そのような人は別のクリニックを探さなくてはなりません。

コミュニケーションが取りにくい場合もある

スマホやパソコンを使って医師と会話をするため、それが苦手な人はコミュニケーションが取りにくいかもしれません。
また、インターネット接続が不安定な場合は診療の妨げになる可能性があります。

AGAを治療するクリニックの選び方

AGAクリニック 選び方

AGAを治療するクリニックを選ぶ際のポイントを紹介します。

治療の継続のしやすさが最優先

薄毛はすぐに治るのではなく、毛が生えるまで時間がかかります。
そのために治療を継続するのが最も大事です。

継続するためには、

  • 診察を受けやすさ(クリニックの営業日、営業時間、場所など)
  • 費用(初期費用、月額費用、総額)
  • モチベーションの維持(諦めない、面倒臭くならない)

が大事です。
これらの点が自分とあっているかを見ましょう。

オンライン診療は、実際に通院よりも通いやすく、費用も安い傾向にあります。
また、LINEでの相談やアプリでの飲み忘れ防止通知などをやっているところもありますのでおすすめです。

精密な検査は必要に応じて使うようにする

AGAを治療するクリニックの中には、マイクロスコープで画像を見る検査をしたり、血液検査をするクリニックもあります。

これらは必ずしも必要ではないようです。
というのも、検査をしたからといって治療自体は大きな変化はないからです。
先程画像で出した学会の治療の推奨度でも最も推奨されているのは3つしかありませんでした。
まずはこの治療を試してみる最も一般的です。

一部のクリニックでは不必要な高額な検査をしたり、何か理由をつけて推奨されている以外の方法を勧めてくるそうなので注意してください。

なお、肝臓や腎臓の機能が低下している人は副作用も強く出て来ることがあるそうなので検査をし、医師としっかり相談してください。

薬が正規品であることや厚生労働省認可は気にしたほうがいい?

AGA治療クリニックのホームページを見ると、「国内正規品使用」や「厚生労働省認可薬」などを謳っているクリニックがありますがこれらはどう理解すればいいのでしょうか。

結論から言うと、気にしなくていいです。
※クリニックで処方してもらう場合です、薬の個人輸入などは別です

なぜなら、どこも同じだからです。
AGAの治療も一般的になっており、薬の製造や販売、流通経路は確立されています。
わざわざ手間をかけて独自ルートを開拓して怪しい薬を使うメリットは医療機関にもないからです。

独自の薬の効果バツグンなどと怪しいことを言っていたり、相場よりだいぶ安い金額で提供しているクリニックでなければ気にする必要はないでしょう。(そんなのは見たことないですが)
なお、薬の個人輸入などは通常の流通とは別経路になるので話は別です。

【安い、手軽】AGA治療がオンライン診療でできるおすすめクリニック

AGA治療をオンライン診療でできるクリニックを紹介します。

「東京オンラインクリニック」は業界最安値といえるクリニック

東京オンラインクリニック
  • AGA治療薬が国内最安クラス
  • 丁寧なカウンセリングと診察で最適な治療プランを勧めてくれる
  • 紹介割などお得なキャンペーンも実施中
オンライン診療時間平日土日祝 11:00〜19:20
費用一ヶ月3,400円〜

東京オンラインクリニックは、フィナステリドの処方を一ヶ月3,400円から行っている最安値と言っていいクリニックです。
プラン数が多いのも特徴で、初心者が始めやすいプランかた、治療を長く続けている人が今のクリニックから乗り換えるたり、欲しい薬だけを購入することもできます。

代表的なプランはこちらです。
それ以外にもありますの下記のボタンから見てみてください。

東京オンラインクリニックプラン

elifeクリニック(イーライフ)は返金保証あり

  • 返金保証あり
  • 朝7時~夜10時まで受診可能のため、忙しい人にぴったり
  • 定期便はキャンセル無料なので気軽に始められる。
オンライン診療時間平日土日祝 07:00〜22:20
費用一ヶ月4,500円〜

elifeクリニックの特徴はなんといっても返金保証があること!
薬を使い始めて90日以内で効果の実感がない人には全額返金されます。

長い診察時間や診察料や送料が無料なのも大きな特徴です。

クリニックフォア(CLINIC FOR・クリフォア)は信頼の実績200万件以上

クリニックフォアホームページ
  • 1日約55円から始められる国内最安クラスのAGAオンライン診療
  • 初回0円プランあり
  • 当日診察も可能
オンライン診療時間平日土日祝 07:00〜22:20
費用一ヶ月3,412円〜

クリニックフォアは日本の10以上のクリニックを持つグループです。
グループ全体だとオンライン診療の実績が200万件を超えています。
この実績は国内最大級を言っても間違いないでしょう。

それだけ診察や配送の業務も洗練されており、安心して使うことができます。
公式ホームページから、ワンタップ(クリック)で最短の日時を予約できるのも便利です。

DMMオンラインクリニックは大手IT企業のDMMが運営

DMMオンラインクリニック
  • IT大手のDMMが運営
  • DMMポイントが貯まる・使える
  • AGA以外にも豊富な診察メニュー
オンライン診療時間平日  08:00〜22:00
土日祝 07:00〜21:20
費用一ヶ月1,848円〜

テレビCMもやっているDMMオンラインクリニックです。
大手の企業のDMMが運営しているのが安心感があります。

一ヶ月1,848円からプランがありますがこちらはサプリメントで薬ではないので注意してください。

まとめ|AGAの治療は毛根が死ぬ前にやるべき

あなたは髪が薄くなってきたと思いませんか?
それはAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。
AGAは男性ホルモンの影響で起こり、放置すると進行してしまいます。
しかし、適切な治療を行えば改善が見込めます。

髪の毛は年々減っていきますし、毛根が死んでしまうと治療が不可能になってしまうのですぐにでも治療を始めることが大事です。

オンライン診療を使えば専門的な知識と経験を持つ医師のAGA治療を受けられます。
相談だけも受け付けています。

あなたの髪の毛を守るために、今すぐ行動を起こしましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました