AGA(薄毛)を医療できる機関で治せる! オンライン診療が利用されているAGAとは 

病院の探し方

今回はAGAについて解説します。
本当にAGAではオンライン診療がよく使われていますよね。
AGAは定期的に薬を飲めば良くなっていきます。ただ治療も風邪の様に薬を飲んで2、3日経てば大丈夫と言ったものではありません。
継続して医師に診てもらう必要があるので手軽に使えるオンライン診療と相性がとても良いです。
そんなAGAを解説します。

AGAとは男性型脱毛症である

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略です。
日本語に訳すと男性型脱毛症ですね。
これがどのようなものなのかというのと、メカニズムは割と解明されているようです。

いろんなサイトを見た中で、銀座総合美容クリニックが一番詳しいようです。
↓こちらです。

AGA・薄毛治療の病院 【銀座総合美容クリニック】 公式サイト
AGA・薄毛治専門の医療機関 銀座総合美容クリニックの公式サイトです。AGA治療にあたって安心していただけるよう、当院では丁寧なカウンセリングを行い、治療方法・治療費用などを綿密にご説明しています。抜毛や薄毛でお悩みの方、是非当院にご相談下さい。

ちなみに、詳しいとは言いましたが、わかりやすいとは言っていません笑
サイトのUIはあんまり良くないです。

それを踏まえた上で簡単に言います。

  • 毛には生えて育って抜けるサイクルがある
  • 育ち始める→太く育つ→退化して抜ける
  • この太く育つが本来ならば2年から6年かかるのが数ヶ月から1年で終わってしまう、これがAGAだ!
  • 毛が十分に育たず、細く短くなり、密度が少なく薄くなる
  • さらに、サイクルの上限は40〜50回と決まっている。
  • そのサイクルを早く使い切り、毛そのものが生えてこなくなる
  • 毛がなくなりさらに薄くなる

というのがメカニズムのようです。

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

AGAの原因は解明されており、DHT(ジヒドロテストステロン)です。
これは男らしさを作るホルモンのテストステロンと5α-還元酵素というものが組み合わさって作られます。
詳しくはここでは述べません。
しかし、男らしさの象徴であるテストステロンが薄毛の原因になるのは何という因果でしょうか。

薄毛治療は最初に診察を受けるのが一般的

薄毛治療の方法を見ていきましょう。
多くのクリニックでは最初は対面をしているようです。
もちろんオンライン診療をしているところもあります。

正直対面でもオンライン診療でも効果はあまり変わらないと思います。
基本的に薬を飲めば治療できるのですが、その薬を飲んだ際のリスクで対面だから回避できるというものはないようです。

では対面ではどのようなことをするのでしょうか。

問診で生活習慣や家族関係を聞く

例えばこのようなことです。

  • 運動不足ではないか。
  • 栄養状態はどうか。
  • 夜更かししてないか。
  • ストレスは多くないか。
  • 家族が薄毛で遺伝要因がないか。

これらが全て薄毛の原因となる事のようです。

髪の毛の全体量や生え方、頭皮をみる

髪の毛の生え方を見ます。
薄毛も法則性がありそれらに当てはまっているかを見ています。

AGAの進行パターン
https://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml#:~:text=%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AB%EF%BC%9F-,AGA%EF%BC%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81Androgenetic%20Alopecia%E3%81%AE%E7%95%A5,%E3%81%A8%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82よりNorwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365より作図したものを引用

このように毛の抜け方って決まっているようです。
逆にこの法則に当てはまっていないと、別の病気を伺うようです。
これを見てセルフチェックして当てはまらない人はすぐ病院に行ってください。
どんな病院に行けばいいかわからない人は問い合わせフォームよりご相談ください。

オンライン診療のカメラで髪の状況を見れば状況は分かるようですが、クリニックによっては専用のスコープを使って頭皮の細かい状態を見ることもあるようです。
多分毛穴に油が詰まっているとか言われるんでしょうな。
これがどれだけAGAの治療に効果があるかは勉強不足なのでおって記事にします。

血液検査をして、他の病気やガンでないかを見る

さらに、血液検査をもします。
これで別の病気でないかを見ているようです。
AGA以外でも病気で髪が抜るというのは比較的あり得ることのようです。
ちょっと極端なことを言うと、セカチューのヒロインも髪が抜けておりましたね。

AGAが20代から起こる可能性もあると言うので、ちょっと詳しく解説します。
「世界の中心で愛を叫ぶ」という映画がありました。そのヒロインは白血病で髪がなくなっていました。
このように毛が抜ける病気っていくつかあるようです。
例えば甲状腺の病気で毛が抜けることもあるようです。

また、血液を取って遺伝子検査をして髪が抜けやすい体質かどうかを調べることもあるようです。
薄毛は遺伝的な要因が多いようなのでそれを調べればどの程度リスクがあるかは分かるようです。
遺伝を調べるサービスもあるようです。

あと、大事なのは薬を出せるかどうかを調べることです。
これは主に肝臓の機能を調べることです。
薬も一種の毒です。
これをしっかり解毒できるかを見ています。
例えばお酒を飲めばアルコールという毒が体に入りますね。
これを肝臓が解毒(代謝)してます。
これがちゃんとできるかを見ているのですね。

全国チェーンでは湘南美容・AGAスキン、地域特化は銀クリ、梅田ビューティーが人気


基本的には薬を飲めば治療できるようです。
その場合は大手や治療回数の多い医療機関の方が薬を大量に仕入れて仕入れ値が安くなるので治療費も下げられるようです。
診察に関わる設備も、血液検査も同様に数ができている方がコストを安くできるようです。
そういうクリニックの紹介は別の記事で書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました